キャッシング・カードを利用する時の保証人と連帯保証人について

・責任の重さが保証人と連帯保証人では違います。
  連帯保証人の方が保証人よりも責任の重さを大きく課しています。

・都合でどうしても保証人や連帯保証人にならなくてはいけない時は、
  債務者の借金を自分自身が請け負う覚悟で保証人になるべきです。

・保証人が不要で利用できるのが、消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンです。

保証人や連帯保証人と言う言葉を一般的によく聞きますが、
人から聞かれて具体的に答えられる人は少ないと思います。
似たような意味だと思っていたら大間違いです。
何も知らずに請け負ってしまうと、あなたの一生を台無しにする可能性があります。
今回は保証人と連帯保証人について、その違いや注意するべき点・キャッシング・カードローン利用時の
保証人とは何かについてご説明いたします。

?・キャッシング利用の場合、保証人や連帯保証人が必要になる事はありません。

  
  個人用の小口融資でキャッシングやカードローンを利用する場合、
  保証人や連帯保証人が必要になる事は、ほとんどありません。

  もし自分がキャッシングやカードローンを利用したい思う時、
  家族や友人に迷惑をかけるのではないだろうかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、
  そんな事はありませんので安心してください。

  それぞれ金融機関のキャッシング・カードローンを利用するにあたり保証人の有無のチェックは次の通りです。

◇消費者金融利用の場合

 
 ①・アコム・連帯保証人・必要なし

 ②・アイフル・連帯保証人・必要なし

 ③・プロミス・保証人・必要なし

 ④・モビット・保証人は要りません。

 
 上記で示した通り、債務者にお金を貸す際、
 消費者金融事態がリスクを負う形になりますので保証人は必要ありません。

◇銀行の場合

 ①・三菱東京UFJ銀行カードローン・保証人は不要です。

 ②・三井住友銀行カードローン・保証人は不要です。

 ④・みずほ銀行カードローン・不要です

 ⑤・オリックス銀行カードローン・オリックス・クレジット(株)・新生ファイナンシャル(株)の
   保障がOKの方・その他、保証人は不要です。

  以上の様に、グループ会社による消費者金融や信販会社が、審査業務や保証業務を行っているので
  銀行のカードローンについては基本的に保証人を必要としていません。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ