オリックス銀行カードローンのお金の借り方。借入方法別、特徴とメリット・デメリット2

土曜日、日曜日、祝日のお申し込みは当日中とはならず、次の銀行の開店日の午前9時から午前10時となってしまいますので、お気を付け下さい。
以上が銀行別の大まかな振込み時間となるわけですが、毎月1日や31日、連休の次の日の平日等はお申し込みされる方も多いといったこと等から、入金されるまでに時間を要してしまうこともあるとされています。
その他、平日、休日問わず午前3時から午前4時10分の間は、オリックス銀行側でメンテナンスを行なっているため借り入れ等を行なうことが出来ませんので、ご了承願います。
以上のことから銀行の口座への振込みを利用することでの利点を挙げるとすれば、インターネット、電話があれば即座に振り込んでもらいたい金額でのお申し込みが可能で、かつそれを口座にお金を入れていくような感じでの借り入れが可能だということ、それに加え提携先のATM等で借り入れしているところを見られる心配がないということも挙げられます。
反対にジャパンネット銀行の口座を開設していないと、リアルタイムでお金を受け取れないということが銀行の口座への振込みを利用した時の欠点と言えます。
一方提携先のATMを利用するにはそれを行なうためのカードが必要となり、カードがあればコンビニ等の提携先のATMにて手数料がかかることなく、お金を借りることが可能です。
オリックス銀行のカードローンのATMには、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行等があり、特にセブン銀行であれば店舗数の多さや稼働している時間を考慮すると非常に便利に利用出来るのではないでしょうか?
ですが、提携先のATMを利用する場合は、オリックス銀行が利用可能な時間だとしても提携先のATM自体が閉まっていたり、メンテナンスを行なっている時間は利用不可となりますので、注意しましょう。
よって、提携先のATMを利用することでの利点は、お金を借りたい時にすぐにコンビニ等でお金を借りることが出来るといったことであり、反対に欠点は提携先となっている各々のATMで利用可能な時間が異なるということが挙げられるでしょう。
したがって、提携先のATMでの借り入れを希望される方は、利用しようとしているATMの稼働時間について調べておく必要がありそうです。
最後にまとめとしまして、今回はオリックス銀行のカードローンでの複数のお金の借り方に関してそれぞれの利点や欠点について見てきました。
オリックス銀行のカードローンでは、銀行の口座への振込み、提携先のATMでお金を借りるといった2つの方法が存在し、口座への振込みを利用した時の利点は、即座にお申し込みが出来るといったこと等が挙げられ、反対に欠点は、ジャパンネット銀行の口座を開設していない方は振込みの時間がお申し込みの時間に左右されるということです。
もう1つの提携先のATMでは、お金が欲しくなった時に最寄りのコンビニ等ですぐに簡単にお金が手に入るという利点がありますが、各々の提携先のATMで利用出来る時間が異なるという欠点も存在しています。
以上がオリックス銀行のカードローンの借入別の利点や欠点となり、これまでのことを踏まえると、即座にお金を借りたい時はATMを利用して、それ以外の時は銀行の口座への振込みを利用するといったように、その時々の状況に応じて使い分けていくことが出来れば、カードローンのメリットを最大限に活かすことにも繋がるでしょう。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ