お金が足りない派遣社員の為の失敗しないカードローンの申込み方2

その方法としては全部で3つ挙げることが出来ます。
まず、1つ目は、派遣元となる会社の上司の方等に前もってそういった電話が来ることを知らせておく、2つ目はキャッシングをしようとしている会社に、派遣先の会社に電話をしてもらうようお願いする、3つ目としては電話以外の方法で在籍確認を行なってもらう方法があります。
もう少し詳しく見ていくと、1つ目は、前もって在籍確認の為に電話が来るかもしれないことを教えておくことによって、きちんと在籍確認を行なうことが出来るでしょう。もしキャッシングの事実を他の社員に知られたくないのであれば、クレジットカードを利用するために行なうものであることを話せば、問題ないかと思われます。
2つ目ですが、これは在籍確認の電話を派遣元ではなく、派遣先へと変更してもらえるケースがあるということですが、これに関してはカードローンを取り扱っている会社によって変わってくるものでありますから、カードローンのお申し込みをされる際に、予め確認されるのが良いかと思われます。
3つ目は、それほど世間に知れ渡ってかもしれませんが、電話を使わずとも行なえる方法があるということを覚えておいて下さい。
最後にこれまでのことをまとめていくと、まず、派遣社員がカードローンを利用する際に在籍確認に関しては特に注意が必要だということです。それは、働いているのにも関わらず、在籍確認で失敗するケースがあるということであり、それを防ぐ3つの方法としては、“前もって、そういった在籍確認の電話が来ることを会社側に伝えておく”、そして、その際に他の社員にキャッシングの事実を知られたくないのであれば、嘘でも“クレジットカード”の在籍確認であるといったことにしておく、派遣元の会社ではなく実際に自分が仕事をしているところに電話をかけてもらうようキャッシング会社にお願いする、そして、基本は在籍確認は電話で行なうものですが、その他の方法も使えることを頭に入れておく。
以上の3点が挙げられ、これらについて注意を払ったり、または頭に入れておくことによって、派遣社員として勤務されている方がカードローン利用する上でありがちな在籍確認が行なえないことが原因で、カードローンが利用出来ないといったようなことは、なくなることかと思われます。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ