プロミスの増額。申し込みのタイミングや審査・必要書類について

本記事は、プロミスでキャッシングを行なっていく上で、キャッシング可能な上限金額を上乗せしたい時に関することについてのお話をしていきたいと思います。
プロミスを利用されている方の中には、このようなことを希望されている方もいらっしゃるかもしれません。
プロミスではキャッシング可能な金額の上乗せをすることは出来ますが、その際にはお申し込み、審査といったものが必要となってきて、その審査に合格することによって、これが実現出来るものとされています。
では、まずこの審査のお申し込みはいつ行なうのが理想なのか?といったことについて、見てきたいと思います。
プロミスにおいては、お申し込みをすることで上限金額を上乗せすることが出来るのですが、この際に気を付けていただきたいポイントがあります。
それは、いつするか?といったことで、理想としては、プロミスの利用履歴が6カ月以上となった時となります。
もし、プロミスの利用履歴が3カ月程度といったような状態でお申し込みを行なったとしても、上乗せに成功出来る確率はあまりないと考えて頂いて結構かと思われます。
これは、利用履歴があまりないということで、プロミスから利用者に対する信頼が築かれていない為と言えます。
次に6カ月以上利用した後、実際にキャッシング可能な上限金額の上乗せを行ないたい際に求められる書類について見ていくと、これは、こちら側が要求する上限金額が50万円を超過する場合やプロミスにて今回お申し込みされる上限金額と他の会社からのキャッシング金額を合わせると100万円を超過するような場合には収入を証明出来る書類が求められることになっております。
この収入を証明出来る書類として使えるのは、前年の源泉徴収、確定申告、給料明細となっており、給料明細については最新2カ月のものとさらにボーナスが支給されている方は夏、冬両方の明細も必要となってきます。
つづいて、仕事が変わったと同時に給料が多くなった場合には上限金額の上乗せの審査にどう影響するのか見ていきたいと思います。
確かに給料が多くなることによって、上乗せの際の審査にはプラスになるという考え方も出来るわけですが、しかし、その一方で仕事が変わることで給料が多くなる場合と、地位が上がって給料が多くなる場合では、若干意味合いが異なってくるとも考えられます。
消費者金融の考え方にもよりますが、1つの会社で長期的に勤務されている方のほうが、信頼と言う点では良く見られるとも言えます。
しかし、審査を行なう際には消費者金融側では、このことだけではなく、返済をきちんと行なっているか?といったことも見ることとされており、むしろ、こちらの方が大切になってくるかのではないかと思われます。
次に、このキャッシング可能な上限金額の上乗せをしたいという場合、お申し込みは平日以外でも行なえるのか?といったことについて見ていきたいと思います。
これについては、現在のところ、土曜日や日曜日といった日には受付は行なわれておりません。平日にお申し込みを行なうようにして下さい。
平日にお申し込みをされることによって、その日のうちに上限金額を上乗せ出来る場合もあります
ちなみに、受付時間は午前9時から午後6時までとなっており、インターネットで行なうことが出来ます。
最後にこれまでのことをまとめていくと、プロミスを利用中にキャッシング可能な上限金額の上乗せをしたい場合には、少なくとも利用履歴が6カ月以上はあった方が理想となっており、それ以下の利用履歴の場合は少し厳しくなってきます。
また、こちら側が要求する金額次第では収入を証明出来る書類が求められる場合もあります。
具体的には、プロミスに要求する上限金額が50万円を超過する場合やお申し込みされる上限金額と他の会社からのキャッシング金額を合わせると100万円を超過するような場合となります。
審査では、利用者の給料やきちんと返済を行なっているか?等幅広く見られることになりますから、仕事が変わって給料が上がったからと言って、必ずしもそれがプラスになるとは限りません。
さらにお申し込みの際の注意点として、審査のお申し込みは、土曜日や日曜日といった日には受付はおこなっておりませんので、御注意下さい。
審査を受けたい方は、月曜日から金曜日の午前9時から午後6時の間にお申し込みを行なうようにして下さい。
審査が終わり合格することが出来れば、上乗せに成功したことになりますので、早い方であればお申し込みを行なったその日にうちに上乗せが可能となることもあります。
ちなみに、審査のお申し込みはインターネットから行なうことが可能となっております。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ