アイフルで必要な本人確認書類と必要書類一覧。注意点も紹介!1

消費者金融の利用を開始するには必ず提出しなければならない書類というものがあります。
消費者金融を利用したことがある方なら当然その書類については常識になっていますが、利用の経験がない方なら、何を用意していいのか分からないかもしれません。
今回は、アイフルを例にそういった書類についてのお話をしていこうと思います。
まず、この書類についてはお申し込みをする前に用意しておくのが理想とされています。
それは、用意しておいたほうが手続きに時間がかからないからです。
特に、無人契約機、店頭での契約を考えているなら、審査終了後すぐに借り入れが出来るといった点でもそうしておいた方が良いでしょう。
では、実際にどのような書類を用意すればいいかというと、本人を確認出来る書類と収入を証明する書類となります。
この中で、収入を証明する書類については絶対に提出しなければいけないものではなく、“他の消費者金融からの借り入れ金額と今回のアイフルでの借り入れ可能な上限金額の合計が100万円を超す場合”と“今回のアイフルでの借り入れ可能な上限金額が50万円を超す場合”のいずれかでも該当する場合に提出するものとなっています。
これについては、個々の消費者金融で決められているのではなく、貸金業法でそう決められているのです。
したがって、上記の条件のどちらにも当てはまらない方は本人を確認出来る書類だけで借り入れが出来ることになります。
とは言え初めて借り入れを行なう方なら本人を確認出来る書類と言われても何を提出すればよいのか?という疑問が湧いてくるでしょう。
本人を確認出来る書類としては、運転免許証が最も手っ取り早いかと思われますが、運転免許証がないなら、お持ちの健康保険証やパスポート、住基カードも利用することが出来ますので、これらいずれかを用意するようにしましょう。
ただ、ここで気を付けなければならない点があって、本人を確認出来る書類に記載されている住所と現在お住まいの住所が異なる場合には、別途書類を用意する必要があり、このような書類としては、電話料金、ガス料金、電気料金、水道料金、NHK受信料のうちどれか、または住民票のコピーや印鑑証明が挙げられます。
また、これは参考として聞いてほしいのですが、先ほどの本人を確認出来る書類の中で運転免許証を挙げたのですが、もしあなたが公務員等といった良い属性の場合は運転免許証を提示するのではなく会社でもらえる健康保険証を提示した方が消費者金融側としても利用者の属性を適格に判断しやすい為、審査ではプラスに見られることもあります。
審査でプラスに見られる保険証としては、共済保険の保険証、社会保険証、組合員証があります。
次に、収入を証明する書類としては、前年の源泉徴収、最近2か月の給料明細、住民税決定通知書、確定申告、所得証明が挙げられ、最も新しいものを使用するものとし、これらのコピーを提出することになります。
そして、ここで給料明細を選択された方は、その明細がいつ発行されたものか?や、労働者の名前、会社名、総支給がいくらかが分かる記載がない場合、或いはそれが人の手で書かれたものである場合は会社の印鑑が必要となりますので、提出する書類を予め確認しておいて下さい。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ