借りやすいように嘘を言ってもばれずに他社借入でまとめて借りる方法

この記事では、“キャッシングの審査を受かりやすくするために虚偽の申告をしても気付かれずに他の会社からも借りられるようにするには?”といったことについてお話していきたいと思います。
キャッシングの審査が不合格となってしまったことによって、他のところにもう1度申し込みを行ない、また審査を受けなければいけないとなると、その分だけ多くの時間を要してしまいます。
またそのことを避けようと思って、いくつかの会社に1度に申し込みを行なってしまうと、あまり良く見られない為、そこでまた審査で落とされてしまう確率が高くなってしまいます。
そして、それが分かりつつも、極力早期にキャッシングを行ないたいというのは、誰しもが思うことでしょう。
審査に関しては1回で合格出来るようにして、スムーズにキャッシングを行ないたい。
そのためには、今回のテーマとも関係してくる審査をパスしやすくするために、虚偽の申告を行なっても問題はないのか?またそれが消費者金融に知られてしまうことはないのか?といったことについて次から見ていきたいと思います。
では、それを見ていく上でキャッシングの審査に合格しやすい方とはどのような人か?についてお話していきたいと思います。
ずばり言うと、きちんと返済していただけることが分かるような方です。
例えば、それを見極める為の勤務年数の基準としてとして5年、10年、20年といったように区切られ、それ以上勤務していて、月ごとにきちんと収入を得られているかといったことや、今勤めている会社の規模や会社名そのものを見たり、或いは賞与はいくら支給されているかといったことも基準となり得ます。これらを総合的に判断して返済していけるかどうかを見極めることになります。よって、会社に勤めている期間が長かったり、そこでの実績が優秀な方であれば、消費者金融側としても信用しやすいということもあって、審査に時間がかかることなく、短い時間でキャッシングを行なうことが可能となります。
そして、こういった信用されやすい方というのは、キャッシング可能な上限金額を上乗せすることも出来ますので、より大きな金額のキャッシングが可能となります。
もう1つ審査に関わるものとしては、就業形態が挙げられるでしょう。
消費者金融側から見て評価が高いのは、何といっても正社員が抜けていて、正社員であれば、審査も合格しやすいです。その反面、契約や派遣、パートといった就業形態では収入も正社員と比べると少ない為、審査で不合格なる可能性は高いです。
またアルバイトといった方は、最初から合格出来ないと思っていただいていいかもしれません。
それと先ほども少し出てきましたが、1年間の収入も大事です。言うまでもなく、多いことに越したことはありません。審査に合格できる確率も上がります。
ここまでで色々と審査に合格しやすい方の特徴について話してきましたが、もっと単純に審査で合格出来る確率が最も高いとされる条件を挙げると、それは、大きな会社で勤めている方、就業形態が正社員である方、そして、1年間の収入が400万円を超えている方となります。
つづいて、キャッシングを行なう際の審査に合格するために、少しぐらい虚偽の申告をしてもOKなのかといったことについてお話していきたいと思います。
最近、インターネットで“キャッシングの審査に受かる秘訣”といったことや“キャッシングの審査に合格するには?”といったことをリサーチする方がいらっしゃるということもあり、出来るだけ審査を短時間のうちに100%合格出来る秘訣を是非とも知りたいと考えている方は多いかもしれません。
そこで、そういった方達に言いたいことがあります。いくら審査に合格したいからといって、虚偽の申告をしても何のメリットもありません。それによって、審査に合格しやすくなるということはあり得ませんので、このことは是非覚えておいて下さい。
例えば、1年間の収入を“少しぐらいなら”と多めに申告したとしても、別の書面等を参照することによって、即座に嘘だと気付かれ、また就業形態に関しても、契約を正社員と申告しても同じことですし、さらに勤めている会社を偽るというのは論外と言えます。
また消費者金融においては、審査の際には審査専用の書面と共に申告内容に偽りがないかを証明する為の書面も必ず提出することになっています。さらに、本当にそこに勤めているかを確認する為に会社に電話を入れたりすることもありますから、それらのような嘘は通用しないでしょう。
万が一そのような虚偽の申告をして審査に合格出来た方がいらっしゃったとしても、決してそのようなことを手本にはしないで下さい。それはたまたま上手くいっただけの話であって、失敗してしまうとその後はもうどうすることも出来ないでしょう。
消費者金融側からしても、そのような虚偽の申告をするような方を信じることなど、到底出来ません。こちら側がその後何を言っても無理です。
ですから、自分を飾らずありのままを申告することが何より大事です。そしてその後は審査に合格出来ることを天に祈るだけです。何度も言いますが、虚偽の申告だけは絶対にしないようにして下さい。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ