キャッシング審査が速い消費者金融

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、その他金融機関のローン等、融資を申し込んだ時には
必ず審査が行われます。
銀行の審査と消費者金融の審査を比べると、消費者金融の審査の方が通りやすいと言われていますが、
条件が異なるだけで、審査自体が甘いわけではありません。

インターネットの金融業者の紹介サイトで「審査が甘い消費者金融」や「ブラックOKの消費者金融」などの
宣伝文句を見かけます。一見とても便利に思えますが、そんなに審査が甘い消費者金融が本当にあったとしたら、
逆に親切すぎて怖いと思います。

金融業者は慈善活動をしているのではありませんから、貸したお金に利息を付けて回収しなければなりません。
事故情報のある人や多重債務者相手に、審査を甘くして簡単にお金を貸していたら、返済不能になる可能性が非常に高く
すぐに会社が破綻するのは目に見えています。
そのリスクに関係なく、利益が得られるとしたら、どれほどの金利がかけられているのか、どんな取立てが来るのか
想像しただけでも、ゾッとしますね。

審査が甘いところは怪しいですが、「審査が速い消費者金融」はあります。
審査の基準は金融機関各社ごとに独自のシステムを有していて、審査に必要な時間は会社ごとに異なります。

審査が速い消費者金融ランキング

消費者金ごとの審査にかかる最短時間と、融資までの時間

プロミス・・・審査時間・最短30分、融資時間・最短1時間
アイフル・・・審査時間・最短30分、融資時間・最短1時間
アコム ・・・審査時間・最短30分、融資時間・最短即日
モビット・・・審査時間・最短30分、融資時間・最短即日

*土日祝日など、申込んだ曜日や時間帯によって、翌日以降の取り扱いになる場合もあります。

こうして見ると、プロミスとアイフルの2社がダントツで速くなっています。
アコムは審査の速さで有名ですが、オペレーターの対応が丁寧で質問なども多くなりますので
その分、申込みからの時間が長くなる場合もあります。

また、審査や融資までにかかる時間は、申し込んだ人の条件によって変わってくるため
全ての人がこの速さで融資が受けられるとは限りません。

審査に落ちてしまった場合は、申込みから30分以内にメールで連絡が来ることが多いので
その場合はすぐに違う手立てに移れます。

時間が掛るようなら、審査に通る可能性が高いとも考えられます。
申込みの状況によっては、審査に1時間以上かかる人も沢山いまし、銀行の審査と比べたら
格別の速さなので慌てる必要はないでしょう。

この他、大手企業ではありませんが、ノーローンは審査時間を最短20分とうたっているだけあって
多くの人が審査が速いと感じているようです。

融資を受ける際、審査の速さで選ぶなら、やはり消費者金融が良いと思いますが
「今すぐに。どうしても」という事でなければ、無利息期間の長さや、金利・返済方法など
総合的に考えて自分に合った会社を選ぶべきだと思います。

最速でお金を借りる方法

ここではプロミスの例を紹介します。

1.ネットキャッシング・・・ネット申し込み⇒銀行振り込み
2.自動契約機利用  ・・・ネット申し込み⇒自動契約機利用(カード発行)⇒ATMで現金の引き出し

1.ネットキャッシング

ネット申し込み⇒仮審査⇒在籍確認⇒本人確認書類の送付⇒本審査⇒契約内容の案内電話⇒指定銀行口座へ振り込み

ネットキャッシングでの最短融資の流れは以上のようになります。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行なら24時間申し込み可能ですが、他の銀行の場合は、窓口が閉まる3時より前
14:50までに申し込まなければなりません
また、審査に時間が掛る可能性も考えると、銀行振り込みを利用するのであれば、
時間に余裕を持たせるために、午前中にはネット申し込みを済ませた方が良いでしょう。

2.自動契約機を利用

ネット申し込み⇒仮審査⇒自動契約機へ⇒本人確認書類の提出⇒本審査⇒契約書・カード発行⇒ATMで引出し

自動契約機を利用した最短融資までの流れは以上です。

ネットではなく、最初から自動契約機を利用した場合の申込は、21~22時まで可能ですが、
24時間利用可能なネットで先に申し込みを済ませておけば、カード発行までの手続きをスムーズに行うことができます。

消費者金融の初回借入限度額

大手消費者金融の借入限度額は、最大で300~500万円となっているところが多いようです。
しかし、初めて融資を申し込んだ人が、最初から300万以上のお金を借りることはできません。

それは消費者金融が総量規制の対象であることと、借入れ実績のない人の限度額が低く設定されているためです。

ただし、A社では限度額が50万円だった人が、ノーローンに申し込んだら初回から99万円の融資を受けられた
という話も耳にします。
借入限度額については、消費者金融ごとに差がみられるので、必要な額を借りられる処を探してみましょう。

基本的に借入限度額は、クレジットカードや銀行でも同じで、最初は50万円前後に設定されているところがほとんどです。
申込者の年収や信用情報の状態にもよりますが、初回限度額は50万円以下、その後堅実な返済を続けていくと
実績が残り信用が増すので、限度額の引き上げが行われます。

限度額を最大まで引き上げたいのであれば、借入れ⇒返済⇒借入れと、地道に信頼度を挙げていく必要があります。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ