過剰貸付の禁止と総量規制

貸金業者はお金を貸し、利息を得ることで利益を得るのですから、返済能力のない人にお金を貸すと
利益を得られないばかりか、貸したお金を回収することもできなくなってしまいますから
貸金業者は、融資の申し込みをした人に返済能力があるかどうかの審査を行わなくてはなりません。

貸金業法では、「過剰貸付の禁止」といって、返済能力のない人への貸付や、利用者の返済能力を上回る金額の
貸付が禁止されています。

合法な登録業者であれば、利用者の返済能力に見合った金額までしか、貸し付けを行いませんが
ヤミ金と呼ばれる、無登録の違法業者の場合、相手の返済能力の有り無しに関係なく
法外な金利でお金を貸し付け、暴力的な厳しい取り立てで利用者を追い込んでしまうことも少なくありません。

貸金業者は、利用者の個人信用情報機関の情報や属性などをもとに審査を行います。
過去にローンや分割払い等で長期延滞をしていないか、債務整理を行っていないかなど
個人情報機関の記録が重視され、返済能力に問題があると判断されると、審査に落ちる可能性が高くなります。

総量規制とは

平成18年に貸金業法が改正された際「総量規制」が定められました。

総量規制とは、原則、個人の借入総額(複数社の借入金額の合計)は年収の3分の1までとされ
それを超える金額の貸付を禁止するものです。

年収300万円の人の場合借入の総額は100万円までとなります。

例えば年収300万円、現在の借入希望額が50万円だとして、以前の借入限度額)が60万円あったとすると
総量規制の3分の1を超えた10万円は借りられないことになります。

総量規制でいう年収とは、給与・賞与・年金・不動産収入・事業収入などが含まれ
対象となる限度額は、消費者金融などの貸付業者1社だけでなく、複数社からの借入金額(限度額)の総合計です。

総量規制の除外と例外

総量規制には、除外されるものと例外となるものがあります。

除外されるもの

1.不動産の購入に必要な資金の貸付
2.不動産購入のつなぎ融資の貸付
3.不動産を担保とする貸付に掛かる契約
4.売却予定の不動産の売却代金により弁済される契約
5.自動車の購入に必要な資金の貸付
6.高額療養費を支払うための貸付
7.手形の割引を内容とする契約
8.貸金業者を債権者とする金銭貸借の媒介の契約
9金融消費取引法の規定する有価証券を担保とする貸付に掛かる契約

車や住宅の購入、高額医療にかかる貸付は、総量規制から除外されます。

総量規制の例外

1.顧客に一方的に有利になる借り換え契約
2.貸付の残高を段階的に減少させる借り換え契約
3.顧客またはその親族で生計を1にする者の緊急に必要な医療費を支払うための貸付契約
4.顧客が特定費用を支払うために必要な資金の貸し付けに掛かる契約
5.配偶者と合わせて年収の3分の1以下の貸付契約
6.個人事業種に対する貸付に掛かる契約
7.新たな事業を行うために必要な資金の貸し付けに掛かる契約
8.金融機関からの貸付が行われるまでのつなぎ融資のための契約

1は、おまとめローンなど、利用者が一方的に有利になる融資のことです。

大手消費者金融の場合、個人事業主への事業資金の貸付は行っていませんが、6の個人事業主に対する融資は
事業の実態か確認でき、且つ事業主の返済能力を超えない場合は融資を受けることが出来ます。

金融機関が課したお金の使い道を監視するわけではないので、消費者金融から生活費や
自動車の購入資金として借りたお金を事業資金に回しても、何の問題もありません。

しかし、銀行カードローンやフリーローンなどでは、事業性資金に使えるローンも用意されていますし
限度額や利息のことを考えたら、事業資金のための融資は銀行などのビジネスローンの方が
より有利にお金を借りることが出来ます。

銀行は総量規制の対象ではない

総量規制の対象となるのは、消費者金融などの貸金業者です。

銀行は銀行法の規制を受けますが、貸金業者ではないので総量規制の対象とはなりません。

総量規制の影響がないため、消費者金融と比べると、銀行からは大口の融資を受けることが可能ですが
銀行カードローンでも、既定の限度額があるため、最初から500万円や1000万円等の高額な融資を受けることはできません。

銀行カードローンも消費者金融と同じように、一定期間の契約や返済実績の積み重ねで
限度額を上げることが出来ます。
限度額が引き上げられると、その分金利は低くなっていきます。後々有利に融資を受けるためにも
銀行とは信頼関係を築いていきたいものです。

消費者金融の場合、1社からの借り入れが50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要になります。
銀行カードローンの場合は、収入証明書の提出を求められる借入額は、100~300万円に設定されており
消費者金融よりも金額が大きくなっています。

このように少額の融資で返済期間が短い場合は、さほど金利も気になりませんから
手軽に借りられる消費者金融が便利ですが、大きな金額を借りたいのであれば
限度額の制限が厳しくなく、金利が低い銀行をお勧めします。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ