おすすめのカードローン返済方法はこれ

◆おすすめのカードローン返済方法はこれ!

カードローン利用者であれば誰でも、「カードローンを効率良く返済したい」と考えるでしょう。
カードローンは利便性が良く、返済方法がいくつもあるのが特徴です。

しかし、その返済方法の中でどの方法が一番効率の良い方法なのでしょうか。
カードローンの返済方法について詳しく解説していきたいと思います。

◆カードローンの返済方法と返済方式について

カードローンを利用する際、「返済方法」と「返済方式」と言う言葉をよく目にします。

簡単に言うと、返済方法とは「カードローンで借り入れしたお金を返す手段」のことです。
返済方法はカードローン各社共通のものが多いですが、手数料や利用可能時間帯などがそれぞれ異なります。
カードローンの返済方法を以下にまとめました。

≪カードローン返済方法一覧≫

① 自社ATMから返済
② 提携ATMから返済
③ インターネットバンキングで返済
④ 銀行振り込み
⑤ 銀行引き落とし
⑥ 店頭窓口で返済

主に、この6種類が採用されています。
ただし、自社ATMを設置していないカードローン会社もあります。

返済方式とは、「利息計算に用いる方式」のことです。
カードローンの多くはリボルビング方式と呼ばれる方式を採用しています。
リボルビング返済方式の詳細については後ほどご説明します。

≪カードローン返済方法の種類と説明≫

カードローンの返済方法はいくつかの選択肢があり、ご自身に合ったものを利用することが可能です。
それぞれの返済方法の特徴についてご説明します。

① 自社ATMから返済

大手銀行や大手消費者金融は自社でATMを設置しており、そのほとんどが手数料無料で利用することができます。
自社ATMの中には深夜まで稼働しているものもあり、自宅の近くにあれば非常に便利です。
ネット銀行の場合は自社ATMを設置していないことが多いので、大手銀行よりも提携ATMの利用手数料が安く設定されているのが特徴です。

② 銀行振り込み

毎月の約定返済日までに、銀行口座へ振り込みを行うことで返済をします。
約定返済日とはカードローン会社によって決められた返済を行う期日のことで、毎月決まった日付に設定されることが多いです。
約定返済日に返済する金額を「約定返済額」と言い、カードローンの種類により計算方法が異なります。

振り込み手数料は利用者が負担する必要があるほか、営業時間の影響によるタイムラグに注意が必要です。

③ 提携ATMから返済

最も利用されている返済方法で、最大の特徴はコンビニATMを利用することができることです。
コンビニATMは利便性が高く、そのほとんどが24時間利用可能です。
手数料や利用できる時間帯は、カードローンによって異なります。

④ 銀行引き落とし

基本的には約定返済に利用される返済方法で、お金を口座に多く入れておくことで返済忘れを防止することができます。
カードローン会社から受け取った口座振替書類を記入の上、手続きすることで利用できます。
ほとんどのカードローンでは、引き落としの際の手数料は利用者負担となっています。

⑤ インターネットバンキングで返済

インターネットバンキングのシェア拡大に伴い、近年利用者が増加している返済方法です。
カードローンとインターネットバンキングが提携している場合は、借り入れおよび返済が24時間可能です。

通常の銀行振り込みでは営業時間の影響を受けますが、
提携インターネットバンキング口座を利用することで即時反映可能なカードローンもあります。
手数料は、カードローン会社により異なります。

⑥ 店頭窓口で返済

対面で返済できるため手続きミスが無いので、安心感があると言えます。
また、手数料は無料です。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ