リボルビング払いのメリットとデメリットとは

“リボルビング払いのメリットとデメリットとは

最近CMなどで、月々の返済額が一定になるということで返済の負担が少ないと言われている「リボ払い」。
話を聞いているとメリットが多いように感じますが、実際はどうなのでしょうか。
今回は、「リボ払い」の特徴やメリットとデメリットを詳しく紹介していこうと思います。

リボ払いのメリット・デメリットを知るためには、まず、リボ払いの仕組みについて理解しておく必要があります。
リボ払いの特徴は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、「毎月の支払金額が決まっている」ということです。
リボ払いというのは、利用残高に応じて一定の金額を支払って返済していくという方法になります。
支払い金額は、カード会社によって違いますが、最低限の支払額として3000円からとされていることが多いです。
また、金額を自分で設定することもできます。

2つ目は、「利用手数料がかかる」ということです。
リボ払いをするためには、15%以上のリボ払いの手数料を支払わなくてはいけません。
手数料にかかってくる金利は、カード会社によって違います。

3つ目は、「クレジットカードのキャッシングでは自動的にリボ払いになることがある」ということです。
クレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りる場合に、返済を1回払いにしない限り、自動的にリボ払いになることが多いようです。

この特徴を理解した上で、メリットとデメリットを見ていきましょう。

メリットは、「毎月の支払額が一定である」ということです。
月々の返済額が一定であるということは、家計の管理もしやすく、計画的に返済を行っていくことができます。
計画的に返済を行っていくことが苦手だという方でも利用しやすいものといえるでしょう。
また、支払額を低くすることで、家計への負担を減らすことも可能です。

もう一つのメリットとしては、「繰り上げ返済がいつでも可能」ということです。
リボ払いは、毎月の支払額が一定になるというメリットばかりが注目されているので、繰り上げ返済が可能であることを見落としている方も少なくありません。
繰り上げ返済は、銀行やコンビニATMで簡単に行うことができるので、お金に余裕があるときに手軽にできるというメリットがあります。
また、繰り上げ返済をすることで、返済期間が短くなるので、支払わなくてはいけない手数料も少なくて済みます。

一方で、デメリットとしては「手数料が高い」ということが1番に挙げられます。
リボ払いの手数料は15~18%と一般的なローンよりも金利が高く設定されています。
そのため、返済するのにこの金利がとても負担になり、返済していくのが大変になるというデメリットに繋がってしまうのです。

もう一つのデメリットとしては、「利用額が増えてしまう可能性がある」ということです。
リボ払いは、毎月一定金額しか返済をしないので、お金を借りすぎてしまっても、利用額が増えていることに気がつかないことがあります。
実際に、気付いたときには利用額が膨れあがっていたという声も聞きます。
こうなってしまうと、返済することが難しくなり、自己破産や債務整理といった方法を選ばなくてはいけなくなってしまいます。

このように、リボ払いにはメリット・デメリットが存在します。
これらのメリットやデメリットをしっかりと理解していないと、返済ができなくなってしまうというような状況に陥ってしまいます。
リボ払いを利用したいと思っている方は、メリットだけでなく、デメリットについてもよく把握してから利用するといいでしょう。
これからリボ払いを利用してお金を借りようと考えている方は、正しい知識を身につけて、賢く利用することをオススメします。

プロミスなら30日間利息ゼロ*・来店不要・即日融資も可能・3秒で借入診断!


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
screativeref-1011l4426

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ